私にとっては不用品でも誰かにとっては必要品かも? 不用品回収から回収後の未来までを考えるサイト

不用品回収の見積と料金設定

 

不用品の回収業者が違法であるか合法であるかという違いは、請求してくる料金の内訳によって、大きく関係してくるといえるのではないでしょうか。例えば「古物商許可」だけ取得しているという回収業者が「ゴミの処理費用」として料金を請求することは違法と言えます。

しかし「リサイクルの対象品としての買取手数料」として料金を請求された場合は違法にはならないと言えるでしょう。そのため、不用品回収業者が、合法であると表明するためには、あらかじめ見積や料金設定を明確に提示する必要があると言えるのではないでしょうか。

つまり、見積や料金設定が不明瞭であったり、大雑把なくくりだったりする場合、違法業者である可能性が高くなると言えるのではないでしょうか。このような違法業者は、依頼者が依頼した後、荷物を積む直前や直後になって料金を請求してくる事が多いため、とりあえず家からトラックへ運びたがる業者や、先に積み込みをしたがる業者には注意が必要であると言えるでしょう。

依頼者が断り辛いタイミングで料金を提示したがる場合、それは違法な不用品回収業者のよく使う手口と言えるので、できるだけ早い段階で見積もりを要求するようにしておきましょう。

また、料金に納得できず依頼をキャンセルする場合にも、トラックまでの運搬費という滅茶苦茶な理由をつけて追加料金を請求される可能性も高いため、徹底して明瞭な見積もりを求めることが望ましいと言えるでしょう。ただし、この料金提示のタイミングだけで違法業者かどうかを判断できるわけではないでしょう。

作業開始前に、最終的にかかる料金を聞いてから判断するということを主張しておくという姿勢も大切でしょう。