私にとっては不用品でも誰かにとっては必要品かも? 不用品回収から回収後の未来までを考えるサイト

自治体の粗大ごみ回収サービス

 

不用品処分の王道といえば、自身の住んでいる地域の自治体ルールに則って不用品を処分する方法と言えるのではないでしょうか。この方法での処分は、住んでいる地方自治体によって、様々なルールや決まりがあるため、その自治体のホームページ等で確認しておくことが大切と言えるでしょう。

また、自治体による粗大ごみの回収は、基本的には有料となっているようです。粗大ごみの対象とされているものは、一般的に条件や品目が定められており、多くの場合、最も長い部分が30cm以上を超えるものであったり、タンスや、ソファ、テーブルと言った家具、他にも自転車や楽器やガスコンロなどが挙げられるでしょう。地域によって、大きさの設定などが微妙に違っていたりもするため、しっかりと調べておきましょう。

また、家電リサイクル法の対象となっているテレビや、エアコン、冷蔵庫、洗濯機と言った家電や、パソコン、バッテリー、タイヤ、ガソリンといったものは、地方自治体の粗大ごみとして回収はできない決まりになっているようです。このような品物の場合は、それぞれに合った方法で処分するようにしましょう。

さて、粗大ゴミの出し方と回収の流れについて見ていきましょう。

まずは、その不用品が粗大ごみに含まれるか確認することから始めましょう。そうであった場合、各自治体の受付センターに回収を依頼し、回収日と回収場所とを決定します。その後、有料粗大ごみ処理件を購入し、貼り、回収日に指定の回収場所に出しておくという流れになるでしょう。

ここで注意したいのは、運ぶのが困難であるものも、自宅まで引き取りに来てくれることは無いということでしょう。また、回収日以外に出してしまうと、盗難などに遭ったりするため、必ず回収日は守るように心がけることが大切でしょう。