私にとっては不用品でも誰かにとっては必要品かも? 不用品回収から回収後の未来までを考えるサイト
Uncategorized

自治体による不用品回収

処分したいと考えている不用品のサイズが小さいものであれば、各自治体の分別ルールに則って回収してもらうことができるでしょう。これは、普段曜日ごとに決められて出している「可燃ゴミ」や「不燃ゴミ」などと同じように回収してもらいます。しかし、サイズが大きい場合には、自治体によって「粗大ゴミ」扱いとなり、特別な手順が必要となってくるでしょう。粗大ゴミの回収ルールは、住んでいる地域によって日時や個数などと言ったように細かく指定があるため、その都度自治体に確認をとってみると良いでしょう。また、なかなか確認する時間帯が合わないと言った場合には、ホームページなどにも明記されているようなので見てみると良いのではないでしょうか。しかし、不用品の中には、自治体で処分できないものもあるようです。これは、家電リサイクル法という法律に定められているエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機のほか、小型家電リサイクル法にて定められているパソコンと言ったものも、自治体での処分はできないとされているようです。さらには、灯油や消火器と言った「危険物」に該当するものや、ピアノやエレクトーンのような大型の楽器などが挙げられるでしょう。これらの処分できない不用品の品物自体も、住んでいる地域によって異なるようなので注意しておくと良いでしょう。不用品の処分はよくわからないことが多く、つい放置しがちな項目ではありますが、取り掛かってしまえばなんて事のない作業であったりします。早めに自治体に相談し、回収してもらうと良いでしょう。自治体で回収できない場合は、リサイクル業者や、引越し業者の引き取りサービスを検討すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です